今回は、山下智久髪型の作り方・セット方法を紹介していきます。

目指せ!あなたも山下智久!

スポンサーリンク

山下智久の髪型の作り方(短髪編)

山下智久

出典:https://twitter.com/__yamapi

  1. 最初はドライヤー作業です。髪の毛全体を乾かします。今回の山下智久さんの髪型はアップバンクの髪型なので、ドライヤー作業の時点で、トップを立ちあげておきましょう。
  2. 次はアイロン作業ですが、今回は必要ありません。髪の毛が短すぎて、通常のアイロンは無理です。プレート幅14センチくらいのものであれば、ちょっとしたクセを付ける事が出来るかもしれません。
  3. その次はワックス作業です。少しウェット感を出していきたいので、通常のワックスにグリースを混ぜてみましょう。いい感じで束感も出て、セットしやすいかと思います。
  4. 最後はスプレー作業です。髪の毛全体にスプレーを吹きかけた後、フロント部分の根元を少し多めに吹きかけて終了です。

 

~お勧めワックス~

スポンサーリンク

  • デザインキューブ ホールドワックス(ウェーボ)+クールグリースR
  • アクアジェルワックス6G(デューサー)

山下智久の髪型の作り方(パーマ編)

山下智久ミディアム

出典:https://kaumo.jp/

  1. 最初はドライヤー作業です。形などは気にせずに、髪の毛全体を乾かします。アイロン作業が大切になるので、必ず湿気が完全に無くなるまでドライをしてください。湿気が残っていると、ダメージの原因となります。
  2. 次はアイロン作業です。ウェーブアイロンがあれば、かなり作業工程は楽になります。フロント部分はすべてウェーブアイロンでOKです。後のサイドやバッグ、トップはストレートアイロンでランダムにクセを付けてもらってOKです。
  3. その次はワックス作業です。強めのセット力があるワックスを使用します。髪の毛全体に馴染ませて、シルエットを整えます。
  4. 最後はスプレー作業です。サイドでつけたクセなど、ポイントでスプレーを吹きかけていきます。

 

~お勧めワックス~

  • デザインキューブ ハードワックス(ウェーボ)
  • ミディアムハードワックス4(デューサー)

 

以上が、山下智久のヘアースタイルの作り方です。
是非、明日から山下智久になりきって下さい!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事を読んだ方は以下の記事も読んでいます。

当メディアについて

当メディアが公開している記事は全て現役美容師もしくは美容師経験者が執筆しています。その為、どのメディアよりも情報の正確性を追求しています。
もし、間違った情報や知識があれば、お問い合わせフォームよりメッセージをお願い致します。