今回は山口智史(RADWIMP)さんの髪型の作り方・セット方法を紹介します。

スポンサーリンク

山口智史(RADWIMP)さんの髪型の作り方(ショート編)

山口智史

出典:http://radwimps.jp/

  1. 最初はドライヤー作業です。根元からしっかりと濡らし、髪が生えている方向に乾かしましょう。
  2. 次はアイロン作業です。今回は自然なストレートスタイルなので特にアイロン作業はいりません。癖がある方はストレートアイロンで伸ばしましょう。
  3. その次はワックス作業です。何もつけてない感じがお好きならば、洗い流さないトリートメントを毛先につけてツヤを出し、毛流れやまとまり感を作りましょう。髪がさらさらと動くのが苦手ならば、ソフトワックスを人差し指の先で取れる量を手のひらと指の間にしっかりと伸ばし、全体的に毛先に揉み込みます。あまり束感は作らず、毛流れやまとまり感をつけましょう。
  4. 最後はスプレー作業です。今回のスタイルには特にスプレー作業は必要ないでしょう。

山口智史(RADWIMP)さんの髪型の作り方(短髪編)

山口智史1

スポンサーリンク

出典:http://x42img.peps.jp/

  1. 最初はドライヤー作業です。根元からしっかりと濡らし、無造作に乾かしましょう。
  2. 次はアイロン作業です。今回のスタイルは、特にアイロン作業はいりません。癖がある方は、前髪のみ伸ばしてあげるとよいでしょう。襟足の髪が巻ける長さかあれば、部分的に外ハネに巻いておくとセットしやすいです。
  3. その次は、ワックス作業です。ハードワックスを人差し指の先で取れる量を手のひらと指の間にしっかりと伸ばし、両耳の際からトップにかけて逆立てるようにつけます。襟足からトップにかけても同様に逆立てるようにつけ、全体的に無造作な感じにしあげたいので、部分的に毛先をねじり細かい束感を作ります。襟足も細かい束感を作りましょう。前髪は指先に残っているワックスを毛先につけ整えます。サイドだけは軽くタイトにするとメリハリがついてよいでしょう。
  4. 最後はスプレー作業です。トップの根元近くにつけます。毛束の毛先を持ち上げて、根元近くにシュッシュッと小分けにしてつけると土台がしっかりと固定されるので、セット持ちがよくなります。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事を読んだ方は以下の記事も読んでいます。

当メディアについて

当メディアが公開している記事は全て現役美容師もしくは美容師経験者が執筆しています。その為、どのメディアよりも情報の正確性を追求しています。
もし、間違った情報や知識があれば、お問い合わせフォームよりメッセージをお願い致します。