今回は野田洋次郎(RADWIMPS)さんの髪型の作り方・セットの方法を紹介します。

スポンサーリンク

野田洋次郎さんの髪型の作り方(パーマ編)

野田洋次郎

出典:http://el-solitario.com/

  1. 最初はドライヤー作業です。霧吹きなどでウェーブが出るように、水分を髪に揉み込みましょう。今回のスタイルはボリューム感があるので、弱風で頭を左右に傾けて下から風を当てることでボリュームとウェーブがうまく出しやすいです。
  2. 次はアイロン作業です。今回はパーマスタイルなので特にアイロン作業はいりません。
  3. その次はワックス作業です。今回はドライでボサっとした質感にしたいので、ムースなど水分の多い整髪剤は避けましょう。ソフトワックスを中指の先で取れるくらいの量を手のひらと指の間にしっかりと伸ばし、ドライヤー作業の時と同様に頭を左右に傾けて手のひらで包みワックスを揉み込みましょう。次に指の間のワックスを根元近くにつけるために、シャンプーする感じで指を通しボサボサになるくらい全体につけましょう。ボサボサ感を活かしながら全体を整えます。ボリュームを少し抑えたいときは、手ぐしを通さず手のひら全体で抑えたい部分を頭を包むように抑えると、ウェーブはそのままでボリュームだけを抑えることができます。残っているワックス前髪にもつけます。
  4. 最後はスプレー作業です。今回は特にスプレー作業はいりません。

野田洋次郎さん髪型の作り方(アシンメトリー編)

野田洋次郎1

スポンサーリンク

出典:http://news.walkerplus.com/

  1. 最初はドライヤー作業です。余程の癖がなければ、そのままアイロン作業にはいります。
  2. 次はアイロン作業です。ストレートアイロンの幅が細身のもので、まず毛先を内巻きにします。次に根元から内巻きに手首を回転させ、ずらして外巻きに手首を回転させます。これを毛先のうち巻きに巻いた部分につながるように、波ウェーブを作っていきます。巻ける長さがあるところはこの作業ですべて巻きましょう。
  3. その次はワックス作業です。ソフトワックスを人差し指の先で取れる量を手のひらと指の間にしっかりと伸ばし、髪を手のひらで包み込むようにして揉み込みましょう。前髪にも同様につけます。髪が長いほうに動きを出して、前髪は少し顔にかかるようにセットします。
  4. 最後はスプレー作業です。特にスプレー作業は必要ないですが、前髪が決まらない場合はスプレーで毛流れや形を固定してあげると動いても邪魔になりにくいでしょう。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事を読んだ方は以下の記事も読んでいます。

当メディアについて

当メディアが公開している記事は全て現役美容師もしくは美容師経験者が執筆しています。その為、どのメディアよりも情報の正確性を追求しています。
もし、間違った情報や知識があれば、お問い合わせフォームよりメッセージをお願い致します。