今回はMAKIDAI髪型の作り方・セット方法を紹介していきます。

目指せ!あなたもMAKIDAI!

スポンサーリンク

MAKIDAIの髪型の作り方(短髪編)

MAKIDAIショート

出典:http://e-soku.net/

 

  1. 最初はドライヤー作業です。まず、髪全体をしっかり濡らします。そしてタオルドライをしっかり行い水気をとります。トップや前髪の立たせたいところは重点的に乾かしてください。短いところは濡れたままでも構いません。ある程度乾いたら髪が立つように前からドライヤーを当てて根元を立ち上げてください。
  1. その次はワックス作業です。ハードワックスを手のひらに取りトップの髪の長いところにしっかりつけます。そのあと、手のひらに残っているワックスをサイドや襟足の短いところにつけてください。トップの髪は立たせた後に毛先を指先でつまんでねじるようにするとキープ力が増します。
  2. 最後はスプレー作業です。ハードスプレーを全体にふったら完成です。このとき前髪は上からではなく前から吹きかけてくださいね。

MAKIDAIの髪型の作り方(ショート編)

MAKIDAIショート2

出典:http://www.officiallyjd.com/

スポンサーリンク

 

  1. 最初はドライヤー作業です。まず、しっかりと髪を濡らします。そのあとタオルドライをしっかり行い水気を取ります。このとき毛先ではなく、地肌の水気を取るようにタオルを当ててくださいね。全体の根元をしっかり乾かし、全体的に毛先は8割くらい乾かして下さい。やや湿っている状態でスタイリングします。
  1. その次はワックス作業です。ハードジェルか、ハードワックスでスタイリングします。できればジェルのほうが理想に近づくと思います。襟足、サイド、後頭部、トップ、前髪の順番につけます。右サイドはこめかみから下の髪をタイトに抑えます。このとき耳にかけるようなイメージで抑えると綺麗にできます。そして分け目から真上に髪をもちあげ、左に流していきます。左はこめかみ辺りからはボリュームを落としていきますが左サイドは少し毛先が動いている方がいいので、あまり抑えすぎないようにしてください。アシンメトリーにスタイリングをするのがポイントです!
  1. 最後はスプレー作業です。ハードスプレーを全体にふったら完成です!スプレーはなるべく下から吹きかけるようにしてくださいね。

MAKIDAIの髪型の作り方(パーマ編)

MAKIDAIミディアム

出典:http://働く女性の味方.com/

 

  1. 最初はドライヤー作業です。この髪型は毛先にパーマが掛かっています。パーマをかけなくても作れる方法をお伝えします。まず、髪を一度すべて濡らし、しっかりタオルで拭き取ります。そして頭を下に向けてドライヤーを上からあて地肌をこすりながら根元を乾かし、根元が乾いたら全体の毛先も乾かします。
  1. 次はアイロン作業です。ドライが終わったら次は19ミリのアイロンで毛先を巻いていきます。トップの髪を両目幅で取り、前に引っ張り床に平行にしてアイロンをはさめるだけ挟んでください。そしてそのまま後ろに巻きます。これを全体にします。襟足の髪は外ハネにします。
  1. その次はワックス作業です。全体が巻けたらジェルを毛先にまんべんなくつけます。タイトに抑えたい方のサイドは根元からしっかりつけて抑えてください。もみあげの髪は耳にかけてくださいね。前髪は真上に手ぐしを通して毛先は後ろへ流します。後頭部から首にかけて髪を整え、襟足をハネさせてください。
  1. 最後はスプレー作業です。ハードスプレーを前髪の立ち上げた部分に前から吹きかけたら完成です。

 

以上が、MAKIDAIのヘアースタイルの作り方です。

是非、明日からMAKIDAIになりきって下さい!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事を読んだ方は以下の記事も読んでいます。

当メディアについて

当メディアが公開している記事は全て現役美容師もしくは美容師経験者が執筆しています。その為、どのメディアよりも情報の正確性を追求しています。
もし、間違った情報や知識があれば、お問い合わせフォームよりメッセージをお願い致します。