今回は、井上真央髪型の作り方・セット方法を紹介していきます。

目指せ!あなたも井上真央!

スポンサーリンク

井上真央の髪型の作り方(2014年編)

井上真央ミディアム

出典:http://s.cinematoday.jp

  1. 最初はドライヤー作業です。自然な巻き髪を作るときのドライヤーは、とにかくきちんと乾かすことが大切です。ただ乾かしすぎるとパサついてこのような艶髪にならないので、9割乾かしてください。9割とはほとんど乾いている状態ですが、触るとなんとなく冷たく感じるくらいです。そして、クッションブラシで特に表面の根元から中間はブローをします。毛先の動きはアイロンで作るので艶を出す目的でブローをします。
  1. 次はアイロン作業です。中間部分にウェーブがついていて、毛先はほとんど巻いていないですね。32ミリのアイロンで中間部分を巻いてください。顔回りは外巻き、その次は内巻きと交互で巻いていき、毛先の3センチはアイロンで巻かずに軽くスルーする感じで大丈夫です。
  1. その次はワックス作業です。グロスタイプであまりセット力のないスタイリング剤を手に取り、カールを下から持ち上げるようにして毛先につけます。前髪は産毛など、細い毛が出てくる方は指先でワックスを根元から滑らせるようにつけてください。
  2. 最後はスプレー作業です。頭から20センチほど離れたところから毛先全体に振ってください。あまり振りすぎるとせっかくのボリュームがペタンコになってしまうので、気をつけてくださいね。

井上真央の髪型の作り方(2016年編)

井上真央ロング

スポンサーリンク

出典:http://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/

  1. 最初はドライヤー作業です。大きなウェーブが印象的なこのヘアスタイルはドライヤーでの作業かとても重要です。まず全体をきちんと乾かします。そしてトップの髪を真上に持ち上げて前へ倒します。そこにマジックカーラーやホットカーラーを中間部分から毛先、根元という順番で巻き付けて止めます。ホットカーラーならそのままカーラーの熱が冷めるまで放置。マジックカーラーの場合はカーラーをドライヤーで温めてしばらく放置してください。
  2. 次はアイロン作業です。トップのカーラーはそのままにしておいて、ほかの部分は32ミリのアイロンで巻いていきます。ロングの場合は一束を一気に巻くことはできないので根元から中間、中間から毛先と何度かに分けて巻いていきます。襟足の髪は外巻きに巻くことだけ守っていただいて、他はランダムに巻きます。すべての髪を巻き終えたらトップに巻いていたカーラーを外します。
  3. その次はワックス作業です。ソフトワックスを2回に分けてつけます。まず、襟足の毛先と内側に、そのあとは表面にしっかり揉みこみます。なるべくカールを崩さないように気を付けてつけてください。カールをほどいてしまうとかなりボリュームがでてしまいます。トップは写真みたいに分け目よりやや右寄りから髪を持ってきてふんわりさせてください。
  4. 最後はスプレー作業です。スプレーはハードでしっかり固めてください。最後に前髪と同じ方向に後ろの髪をまとめれば完成です。

 

以上が、井上真央のヘアースタイルの作り方です。
是非、明日から井上真央になりきって下さい!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事を読んだ方は以下の記事も読んでいます。

当メディアについて

当メディアが公開している記事は全て現役美容師もしくは美容師経験者が執筆しています。その為、どのメディアよりも情報の正確性を追求しています。
もし、間違った情報や知識があれば、お問い合わせフォームよりメッセージをお願い致します。