今回は稲葉浩志さんの髪型の作り方・セット方法を紹介します。

スポンサーリンク

稲葉浩志さんの髪型の作り方(パーマ編)

10a

出典:http://稲葉浩志.blog.so-net.ne.jp/

 

  1. 最初はドライヤー作業です。霧吹きなどでウェーブが出るように水分を揉み込みます。水分が滴らなければ自然乾燥でも構いません。ドライヤーで乾かす場合は、弱風で頭を左右に傾けて下から風を当てると綺麗にウェーブが出せた状態で乾かせます。
  2. 次はアイロン作業です。今回のスタイルはパーマなので、特にアイロン作業は必要ないでしょう。
  3. その次はワックス作業です。ウェーブをしっかり出したいのであれば、ムースがいいでしょう。ピンポン玉くらいの量を小分けにしてつけると、ムラなくセットがうまくいきます。つけるときのコツは、ドライヤー作業の時と同様に頭を左右に傾けて下から揉み込むようにしてつけると中の髪にもしっかりつきます。自然なゆるふわ感を出したいのであれば、ソフトワックスを使います。ソフトワックスを中指の先で取れるくらいの量手のひらと指の間にしっかりと伸ばし、ムースをつけるときと同様に頭を左右に傾けて下から揉み込むようにつけましょう。
  4. 最後はスプレー作業です。今回のスタイルには特にスプレー作業いらないでしょう。

稲葉浩志さんの髪型の作り方(ミディアム編)

10b

スポンサーリンク

出典:http://ks.c.yimg.jp/

 

  1. 最初はドライヤー作業です。根元からしっかりと濡らし、無造作に乾かしましょう。
  2. 次はアイロン作業です。癖がある方は、自然なストレートに伸ばしましょう。今回のスタイルは無造作な感じのストレートスタイルなので、軽い癖くらいであればそのままワックス作業に入ってもいいでしょう。
  3. その次はワックス作業です。ソフトワックスを中指の先で取れるくらいの量手のひらと指の間にしっかりと伸ばし、中間から毛先にワックスを揉み込みましょう。前髪は、無造作にセンター分けにして毛先に束感を出します。ジグザグにセンター分けにすると無造作感が出しやすいでしょう。サイドや襟足は指先でつまみながら束感を作ります。
  4. 最後はスプレー作業です。今回のスタイルは特にスプレー作業いらないでしょう。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事を読んだ方は以下の記事も読んでいます。

当メディアについて

当メディアが公開している記事は全て現役美容師もしくは美容師経験者が執筆しています。その為、どのメディアよりも情報の正確性を追求しています。
もし、間違った情報や知識があれば、お問い合わせフォームよりメッセージをお願い致します。