今回はバックナンバーの小島和也さんの髪型の作り方・セット方法を紹介します。

スポンサーリンク

小島和也の髪型の作り方(ストレートヘア編)

小島 和也

出典:http://geinoujin.link/

  1. 最初はドライヤー作業です。寝癖がとれるように根元からしっかりと濡らし、乾かしましょう。
  2. 次はアイロン作業です。全体的にしっかりストレートになるように伸ばしましょう。アイロンの温度は軟毛の方カラーやパーマをしている方は160度くらい、硬毛など健康毛の方は高くても180度くらいで伸ばしましょう。
  3. その次はワックス作業です。今回のスタイルは、サラサラのストレートなので特にワックスは必要ないでしょう。つけるのであれば洗い流さないトリートメントがおすすめです。
  4. 最後はスプレー作業です。ツヤの出る軽い質感のオイルインスプレーなどがおすすめです。固まるものは避けましょう。毛先を持ち上げて、内側までまんべんなくスプレーしましょう。

小島和也さんの髪型の作り方(ウルフカット編)

小島 和也1

スポンサーリンク

出典:http://natalie.mu/

  1. 最初はドライヤー作業です。根元からしっかりと濡らし、寝癖などを取り乾かしましょう。
  2. 次はアイロン作業です。サイドとバックはボリュームが出ないようにストレートにしましょう。前髪は流れが出やすいように流したいほうに手首を回転させながら根元から毛先へアイロンを抜くと自然な流れが出やすいでしょう。トップは立ち上がりが出やすいように根元から流したい方向と逆側に半円を描きながらアイロンを入れるとよいでしょう。ウルフカットはトップが短いので立ち上げることができますがトップが長い方は難しいのでご注意ください。
  3. その次はワックス作業です。今回のスタイルは、トップの立ち上げ感がメインなのでソフトワックスかしっかり立ち上げたい場合はハードワックスを小指の先に乗るくらいの少ない量を取り、手のひらと指の間にしっかりと伸ばし、短いトップの髪の毛を握るように根元からしっかりつけましょう。ハードワックスの場合は前髪やサイドとバックはあまりつけなくてもよいでしょう。
  4. 最後はスプレー作業です。トップの立ち上げたい部分の内側の根元部分につけます。毛先を持ち上げて、根元部分に軽くシュッシュッと小分けにしてつけます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事を読んだ方は以下の記事も読んでいます。

当メディアについて

当メディアが公開している記事は全て現役美容師もしくは美容師経験者が執筆しています。その為、どのメディアよりも情報の正確性を追求しています。
もし、間違った情報や知識があれば、お問い合わせフォームよりメッセージをお願い致します。